I LOVE イ・テリ 〈ノーカット完全版〉

あなたに逢うために、ボクは大人になった。

Introduction

14歳の少年が突然 25歳イケメンに大変身!

カラダはオトナ、心は少年。 ピュアなハートが引き起こす奇跡! 誰もがキュンとしたあの頃の甘酸っぱい ピュアな気持ちに癒される。

突然25歳の青年になってしまったウンドンの戸惑いをコミカルに演じたキム・ギボム。『4月のキス』(2004年KBS)、『四捨五入2』(2005年KBS)、『レインボーロマンス』(2006年MBC)、『雪の花』(2006年SBS)など着実にキャリアを積み重ね、昨年第39回韓国放送大賞を受賞した『根の深い木』(2011年SBS)でも存在感を放っていた。制作発表会では「今回のドラマに全てをかけた」と話し、スポーツ選手並みの完璧なボディラインを作り上げ、ある日突然カラダだけが14歳から25歳に急成長してしまった少年クム・ウンドンの“カラダは大人、心は少年”という難しい役柄を見事に演じてみせた。オトナに変身した自分のカラダに惚れ惚れする姿が思わず笑いを誘う。テリから長所を聞かれて「カラダ!」と即答するシーンは爆笑必至!14歳のハートを瑞々しく演じ、大人の女性たちの心をメロメロにしたギボム。ドラマの掲示板には「第1話から緊張感溢れる展開に目が離せない」「キボムは登場から印象的で、上手く演じてくれた」「コミカルな演技に惚れた」「ギボム兄さんに夢中になっていたら、アッという間に終わってしまった」など、彼の演技を高く評価する書き込みが溢れた。「14歳の魂を持つ25歳の男という特別な役を演じることができたことだけでも、僕には本当に大切な作品になった」「猛烈に演技し、キャラクターになりきって撮影した。一生忘れられないキャラクターになると思う」とギボム本人も格別な愛着を見せた本作は、2013年中国ドラマの主役に抜擢されるまでに成長した彼にとっての代表作といえる。

マンマ・ミーア! (なんてことでしょう!) 観るデトックス! 孤独な財閥令嬢テリから みるみる毒素が…。

強がってはいるものの寂しがり屋で孤独な財閥令嬢イ・テリを演じたのは美貌の演技派パク・イェジン。『マイ・プリンセス』でテリに負けずとも劣らない才知あふれる博物館長を演じた彼女。今回も博物館長ということで、似通ったキャラクターかと思いきや、それは初めだけのこと。ツンと澄ましていた彼女がウンドンの情熱に応え、すっかりカワイイ乙女に変身するシーンは、少年の心をいつまでも忘れない世の男性たちの心まで、ガッチリとつかむこと請け合い! 少しでも若く魅せようと童顔マッサージまで受ける彼女の純情ぶりが微笑ましい。テリから心の傷を聞かされ、彼女を守るために泊まっていくウンドンが「夜眠れないのは人の温もりが恋しくなるからだそうです」と言いながらテリの手を握るシーンは、ネットユーザーから“ヒーリング・ベッドシーン”と名付けられ話題になった。

財閥グループ 最年少常務! クールでシックなパーフェクト男を ヤン・ ジヌが熱演!

完璧なルックスとスター性でファン急増中のヤン・ジヌ演じるスンジェ常務は何やら事情があってテリの前から姿を消した模様。バランスのよい身体と秀麗な外見で完成された、かっこいいスーツ姿はシックでクール、それでいて温かい魅力を醸し出している。知的なイメージと都会的なマスクがミックスされた本作はまさにハマリ役。「どこかにあんな人、いないかなぁ」「かっこいいスーツに私のハートもドキドキ」「かっこよすぎじゃない?」などなど、ネットには熱い反応が殺到した。そんなスンジェに夢中になっているのはウンドンの婚約者スンシム。大人の男に憧れるスンシムには中学生のウンドンなどまったく眼中になし! ところがそんなウンドンが突然カッコいい大人ミンスになって現れると、やっぱり自分のものにしたくなってしまう! アイドルグループ「リンゴヘア」リーダーのスンシムをチャーミングに演じたのはK-POPグループ『Sunny Hill』のジュビ。『Sunny Hill』はこのドラマのオリジナル・サウンドトラックにも参加し、注目度ナンバーワンの5人組男女混成ヴォーカルグループだ。ウンドンが突然25歳に変身したことで、27歳のテリ、30歳のスンジェ、そして20歳のスンシム4人の関係がガラリと変わり、ドラマは観る者をグイグイと引き込んでいく。

PAGE TOP